ホーム > 教育 > 司法書士にお世話になる

司法書士にお世話になる

特定調停による処理も任意整理とほぼ同じく、それぞれの債権者に対しての借金の返済を続けることを選択した借金を整理する手順です。

 

分かりやすく説明すると裁判所が行う負債の整理と考えることができます。

 

この手順も任意整理による解決とほぼ同じく、自己破産とは異なってある部分だけのお金のみをまとめることになりますので、他に連帯保証人がいる負債以外だけで手続きしていく場合やマンションのローン以外で手続きしたい場合等においてでも検討することが可能ですし全ての資産を放棄してしまう義務はないので、貴金属や土地などの資産を持っているものの手放したくない場合においても有力な選択肢になる債務整理の手順になります。

 

しかしながら、これから返済していく額と収入額を比較検討し、常識的に見て返済の計画を立てられるようなら特定調停による方法を選択するほうが良いといえますが、破産宣告と違って返済義務自体が消えるわけではありませんので、借りている額が多い場合などは、現実にはこの方法での方法を取るのは困難になるということになるでしょう。

 

いっぽう、この特定調停は国の機関が中に入るため司法書士等に依頼しなくても立場が弱くなる心配がないということとか解決するためのお金を低くおさえられるという益は注目できますが、債権者それぞれの催促に対して本人が対応する必要がある点に加え、裁判所にことあるたびに顔を出すことが求められるというような留意点もあります。

 

くわえて、任意整理による処理に対して、この方法で解決が得られないような際は利子をすべて付けた状態で返していく必要があるという点や貸し手に対し払う合計が任意整理による解決に対して高くなってしまう傾向がみられるなどの点もあります。

 


関連記事

司法書士にお世話になる
特定調停による処理も任意整理とほぼ同じく、それぞれの債権者に対しての借金の返済を...
テスト
テスト記事です。...