ホーム > 口座開設 > コンディションしだい

コンディションしだい

コンピュータの前に座ってリアルタイムで変化している為替レートを見ると、理由無く売買をしたいという抑えようの無い感情が生まれる事も多かったりします。

 

でも、漠然とした衝動で売り買いをするのは間違ってもしてはいけません知っての通り、為替相場は昼夜を問わずどこかの国で外国為替市場は変動しているし為替相場もどういう時でも変化しています。

 

しかし、だからといって闇雲に売り買いをするとその回数分だけ損をする危険が上がってしまいます。

 

当たり前ですが、取引の回数を増やすことによって、少しずつ儲けられる確率が50%、50%になっていきます。

 

しかしこの事は「明確でない感覚で売り買い」してしまうこととは話が違います。

 

エントリー回数を増やすという意味は、自ずから「ここだ!」と直感した勝算を持った場合の注文回数を重ねるという意味です。

 

格段の理由がなく、エントリーを積み重ねるのとは全く違う。

 

外国為替相場の勝負にi挑むには、自ずから意識的にけじめをつけることが肝心です。

 

「ここは勝てる」とよく考えた相場の時には思い切って持っているポジションを買い増して、利益を追い求めます。

 

「何となく悩ましいマーケットで、どう上下するのかわからないな」と感じた時は潔く諦めて保持ポジションを見切りをつけて何もしません。

 

それぐらいのけじめをつけた方が最後に注文は成功します。

 

相場の格言には「休むも相場」というものがあります。

 

文字通りその通り。

 

外国為替相場とはいつでも売買ポジションを持つことが重要ではなく、どの売買ポジションも持たずにじっと見ていることもまた、相場です。

 

じゃあ、どういう場面で休むといいのでしょうか。

 

第1に考えられるのが、前述の通り、現在の相場展開が曖昧で難しいときです。

 

今後上がるのか下がるのか明確でない時は考え無しで行動すると、作り上げた脚本とは逆方向に市場が変化してしまい、損失を被ることになる。

 

そのような場合はポジションを無くして、何もせずに様子をみるのが最良の方法です。

 

ふたつめは、コンディションが変なときです。

健康状態と外国為替市場につながりがない感じる投資家もいるだろうが。

 

かなり影響します。

 

体の調子がよくなければ、為替相場の失敗できない局面で冷静な決定が出来ない場合があります。

 

気分が進まない時は市場から遠ざかる事も重要な事です。

 


関連記事

原理原則を最重要視しよう
一般的な初心者用のFXのテキストでは、「差損が生じた時はナンピンで、ポジション全...
コンディションしだい
コンピュータの前に座ってリアルタイムで変化している為替レートを見ると、理由無く売...
テスト
テスト記事です。...