ホーム > 口座開設 > 原理原則を最重要視しよう

原理原則を最重要視しよう

一般的な初心者用のFXのテキストでは、「差損が生じた時はナンピンで、ポジション全体の価格を下げる」等とアドバイスしている事もありますが正直ここには相当の落とし穴が待っています。

まず最初に、ナンピンの理屈に関して説明します。

 

仮定として100円で1ドルを買ったとします。

 

$(ドル)買いだからドル高になれば黒字を得られますが運悪く1ドル=95円まで円高・ドル安に向ってしまったとします。

 

このままの状態で所有し続けたらマイナスをなくすためには、損失分ドル高が進まなければなりません。

 

みんな、損失は可能な限り早く回復したいと願います。

 

ここではじめに売買したのと同額の$を、1ドル=95円で取引します。

 

それで、ポジション全体の平均の価格は1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。

 

結果として、半分の幅で円安に推移すれば赤字を取り戻す事が出来ます。

 

こういったことがナンピンの理論です。

 

このような、ナンピン買いのロジックを聞くと「確かに」という風に思うが、簡単には上手くはいきません。

 

元々、1ドル=95円が底だということなど誰にも想像できません。

 

もし、為替が相当の円高傾向だとすれば1ドル=95円では収まらずより一層円高に進む危険性が高いです。

 

仮定として、97.50円でナンピンをしたとしても1ドル95円までドル安になったら、ナンピン買いした分についても損失が生じることになってしまうのである。

 

そういう状況では最初に保有したポジションとトータルで倍の為替差損を被ることになる。

 

例示したとおり、ナンピンはややこしいです。

 

では、為替相場が自身の台本とは別の方向にどんどん進んでしまった場合どういった手法で危機をコントロールすればいいのでしょうか。

 

この場合取るべき選択肢は2つだけあります。

 

最初のひとつは観念して、損失を確定する事です。

 

ふたつめはあなたが保有している買いポジションを少なくして、再度為替がリカバリするのをひたすら待ち望むことです。

 

大人しい手段だとおっしゃる人もいるだろう。

 

しかしながら、自分が保持している買いポジションに差損が生まれた場合、一番効果のあるやり方はこれ以上のものはあるはずがありません。

 

理論としてはナンピンする手法もありえます。

 

だけどナンピンは、自分が損失を出している場面で買いポジションを縮小するどころか遂に買いポジションを重ねていく方法である。

 

この方法では、危険性をコントロールすることなどとても不可能だと考えるべきです。

 

ナンピン買いをしていけばやがては勝てるかもしれません。

 

しかし、その前に投資資金は無くなってしまいます。

 


関連記事

原理原則を最重要視しよう
一般的な初心者用のFXのテキストでは、「差損が生じた時はナンピンで、ポジション全...
コンディションしだい
コンピュータの前に座ってリアルタイムで変化している為替レートを見ると、理由無く売...
テスト
テスト記事です。...